記録用紙-PT223

PT223のブログでは、写真・動画・鉄道を軸として、とりあえず作ったもの・撮ったものを上げていくブログです。

ニュースブログを3か月やってみて分かったことまとめ

f:id:jnr3434:20180406224912j:plain

"ニュースブログ"という言葉を聞いて、何を思い浮かべますか?
芸能ニュース? ITニュース? いろいろありますよね。

昔、就活をしていた頃に、世間で気になったニュースを取り上げて、
自分の言葉で紹介するブログを数か月やっていました。
(趣味の範疇が多かったと思いますが)
そのころの話を少し書いてみようと思います。

ニュースブログをやってみて楽しかったこと

毎日複数記事を投稿することによる満足感

記事を投稿するたびに、少しだけビューワーが増えるんですが、
その様子を見るのが楽しかったです。

また、取り上げたニュースによっては、
その後に続報が出たタイミングで、
検索エンジン経由で見に来られる方もいて、
結構アクセス数は稼げていた気がします。

複数の記事を見て、情報を比較する力がついた

ニュースを見ていると、ある新聞社はAの部分に着目していて、
ある新聞社はBの部分に着目しているというように、
見るサイトによって書いている内容が違います。

ある時は、全く同じ場所を論じているのに、視点が違ったりと、
記事を比較して見比べる力がついた気がします。
これは、社会人になっても必要な力ですね。

Googleに認められるという満足感(笑)

いやーこれに尽きますね。笑
ニュースブログをやっていたころは、
更新頻度が尋常ではなかったので、
記事を投稿するとすぐに検索エンジンに引っかかるようになっていました。

また、ニュースを取り扱う性質上、
スピード勝負なところがあるので、
書いて速攻で検索エンジン経由でのアクセスがあったときは、
やったねという感じでした!

ニュースブログをやってみて辛かったこと

毎日記事更新のネタ探しが大変

日々新しい情報が入ってくるため、
その中からどの情報をピックアップするのかについては、
中々悩みながらの選択でした。

とはいえ、趣味の分野や、興味がある分野を中心に取り上げると、
それだけでより詳しくなれるし、
自分の経験も織り交ぜて書くことができるので、
投稿記事にオリジナリティーが出ますね。

変なことを書くと変な人に突っ込まれる

私は政治関係のニュースは選ばないようにしていたのですが、
時々ブームになるいじめのニュースは欠かさず取り上げていました。

私自身、いじめられっ子だったからです。

そのため、リアルに今いじめで悩んでいる人や、
昔にいじめられていたころの話をする方がコメントされて、
結構辛辣なコメント欄になったこともありました。(;'∀')

時々、重いコメントが飛んでくる

上にも書いた通り、重いコメントがやってくる時、
こちらとしても、答えたいけど、
簡単な話じゃないなという場面が多くありました。

そのコメント返信で、
記事書く時間が無くなっちゃうぐらい悩むタイミングもあって
中々ニュースブログの運営は難しいなと思いました。

就活している時にブログをやるべきか?

アウトプットする訓練になる

これは間違いないですね。
ニュースを見て自分が思ったことを書くわけですから、
文章で自分の意見を表現する訓練になると思います。

見られても大丈夫な内容で固めておく必要がある

最近では、
企業側も入社する社員のSNSを確認する事があるといわれています。

見られても大丈夫なように、ふざけた言動や、
軽はずみな発言は控えておいた方がいいと思います。

どうせなら興味のある分野に特化したブログをやるべき

興味のある分野と仕事がマッチしている場合、
自然と業界研究の成果のようなものになったりします。

たとえマッチしていなくても、
将来転職する際の基礎知識になったり、
いろいろとメリットがあります。

そのため、まずは興味のある分野を積極的に書いてみるといいでしょう。
その方が書いていて楽しいと思います。

就活スランプに陥ったときの強い味方(かも)

今の情勢ではあまり無いかもしれませんが、
就活スランプに陥っている時、
ブログを見てもらえているという事実は、
結構モチベーションアップにつながると思います。
就活の(自主)休み期間など、積極的に活用していきたいですね。

さいごに

結構走り書きで書いてみたのですが、
想定以上のボリュームになりました。

私自身、就活というタイミングで、
ブログをやっていたことに後悔はしていませんし、
その頃に得られた知識は、
今運営しているブログの基礎にもなっています。

そして何より、就活中にブログという、
あえて全く就職に直結しない事をやった事実は、
人生の上で大きな意味があったのかなと思っています。
(大事な時にサボるに近いとも言いますか)

さらには、特定のキーワードで、
Google検索の1ページ目に表示されたことは、
当時の最大の見える成果ですし、
ブログって頑張ってやっていたら、
いいことがあるんだなと気付くこともできました。
この経験がなかったら、
今、WordPressにも、ブログ自体にも触れていなかったと思います。