記録用紙-PT223

PT223のブログでは、写真・動画・鉄道を軸として、とりあえず作ったもの・撮ったものを上げていくブログです。

ブログの記事を下書きにぶち込むときの基準

f:id:jnr3434:20180414183046j:plain

ブログを書いていて、最近下書きに保存することが多くなりました。
つい先日まで、下書きに入れずにそのままポンと記事を投稿していました。
今日は、サブブログの記事を書いていて、
1つの記事を上げるまでに4つ以上下書きに入れてしまったので、
今は記事を書いている休憩中だったりします。

ということで、下書きに投げ込むタイミングを書いてみようと思います

なぜだ・・・タイピングが進まない

今まさにそうです。
アイキャッチ用画像の用意はした。
記事に使う引用ネタも用意した。
さあ書こう!

かけない…文字が打てない。言葉が思い浮かばない

まさにこの状態でした。
ネタまで用意していれば、何らか書けていただろうと

書く気が消滅してしまった

ブログの記事を書いている時って、
最後のあたりまで流れが見えてから書くことありませんか?
私はそういう記事とそうでない記事があるのですが、
特に後者の行き当たりばったり記事の場合に、
途中まで書いて書く気がなくなってしまうことがあります。

あれ、これ最後まで書いても面白くなさそう・・・みたいな
速攻で下書き行きです。

ネタ探しの旅に疲れている

私はそうなんですが、インプット沢山要求している時と、
そうでない時ってありませんか?
新しい情報がほしい!!と意気込んでいる時、
いろいろ調べたりする意欲が沸くのですが、
そうでないときって、だらだら過ごしちゃうんですよね。
たまには必要と思いつつ、一度やると土日全部そうなってしまったり

さいごに

まとめとしては、
記事の見通しがない状態での行き当たりばったり記事は、
労力が必要ということになりますね。

sourceone.hatenablog.com

ということで、
上の記事を見た後に行き当たりばったりで書いた記事がこれでした。

ご覧いただきありがとうございました。